職務経歴書の書き方(WEBデザイナー)

職務経歴書の書き方(WEBデザイナー)

WEBデザイナーは、会社によって違いはありますが、ソフトウェアやシステム開発部門、IT関連の大規模システム開発と違い、比較的個人での作業になることが多いです。

ですが、職務経歴書の書き方としては、ソフトウェアやシステム開発部門と同様に、仕事の特徴、作業期間、作業内容、そしてどんな役割であったかがも大切ですし、何よりも実績が重要視されます。
特に何かの賞をもらった場合には、それらを効果的にアピールするとが大切です。

また、マネジメントの能力が欲しい会社もあるので、デザイナーを希望するのか、マネージャーを希望するのかで強調するポイントも違ってきます。


■職務経歴書の書き方(WEBデザイナー)

1.略歴
コレまで担当してきたクライアントの名前やサイト名、その役割を時系列にまとめます。

2.業務経歴
・期間
・対応したクライアントのサイト名、その中での
・担当分野(全体管理、企画、デザイン、コーディング、品質管理)、
・作業環境(使用ソフト、バージョン)
・役割および規模(生kさく、企画、ディレクション、全体要員数)

3.スキル
あなたのスキルを明記します。
イラストレーター、フォトショップなどとあわせて、javaやflashなどのスキルがあれば明記します。
また、写真の撮影技術なども評価出来るのがあれば明記しましょう。

4.その他
出展作品で賞を受賞したモノがあれば明記しましょう。
また、雑誌アンドで紹介されたサイトなどがあれば、urlを載せるのも良いでしょう。